愛知の地酒 蔵元紹介

日本酒 名古屋地区

中埜酒造株式会社

中埜酒造

〒475-0878

半田市東本町2-24

TEL. 0569-23-1231

FAX. 0569-23-1124

ホームページはこちら


 手造りを超える旨さを求め、昭和59年に新國盛蔵が完成。近代設備の中にも杜氏の永年培った技や経験の全てをフルに発揮出来る環境を実現しました。そして、研ぎ澄まされた五感を駆使して國盛が誕生します。國盛が目指すのは、ふくよかな香りで味わいがあるキレの良い「芳醇麗酒」です。また、昭和60年には日本酒の歴史や酒文化そして國盛の伝統を紹介出来る「酒の文化館」を設立し、日本酒の素晴らしさを広く提唱しています。

盛田金しゃち酒造株式会社

金しゃち酒造

〒475-0023

半田市亀崎町9-112

TEL. 0569-28-0250

FAX. 0569-29-2636


 愛知県半田・亀崎はかつて江戸時代に「中国酒」として隆盛を極めた銘醸地であり、平成22年2月より弊社がその当時の醸造技術を今に受け継ぐ伝承の蔵元です。

和釜による蒸米手作業による製麹など従来からの技術に現代の手法を加えながらひとつひとつ丁寧な酒造りを心がけております。

 清酒「金鯱」は地元名古屋のシンボルであり飲みあきしない酒です。


丸一酒造株式会社

丸一酒造

〒470-2216

知多郡阿久比町大字植大字
西廻間11

TEL. 0569-48-0003

FAX. 0569-48-5010

ホームページはこちら

 阿久比米と蛍の里として知られる知多郡阿久比町は、古くから良質な米の産地として知られています。

 また蛍の里といわれるように、豊富で清らかな地下水に恵まれ、夏には蛍の群舞が見られます。良い水は酒造りには欠かせないものです。

 良い米と名水を使い、芳醇でのどごしがよく、すっきりとした味わいの酒造りを目指してきた丸一酒造は、若手杜氏を中心にして昔ながらの酒蔵で手仕事によって酒造りが行われています。

原田酒造合資会社

原田酒造

〒470-2104

知多郡東浦町大字生路字
坂下29

TEL. 0562-83-5171

FAX. 0562-83-5172

ホームページはこちら


 人は喜び、悲しみ、出逢い、別れの度あるごとに酒を飲むようになりました。そして今日まで日本の文化と共に酒は飲み続けられてきました。文化と共に生きる酒。文化は人が創造する。だから"酒も人の手と心で造りたい。"それが私どものこだわりです。徳川家康公御生母"於大の方"御生誕の地、東浦の地で酒を造り続けて150余年。これからも知多半島ならではの味。そんな地酒ならではの楽しみを皆様にお届けできればと思っております。


澤田酒造株式会社

澤田酒造

〒479-0818

常滑市古場町4-10

TEL. 0569-35-4003

FAX. 0569-35-6953

ホームページはこちら

 嘉永元年(1848)、水質がよく船便に恵まれた常滑の現在地に創業しました。明治時代には、酒の腐造を防ぐ画期的な酒母製法を開発、また昭和44年、澄んだ清酒としては全国に先駆けて生酒を発売するなど品質一筋で歩んできました。現在も、和釜と木製の大樽(こしき)で米を蒸し、酒造りの要である麹作りには麹蓋を用いるなど、伝統の道具と製法で、知多地方らしい、米の味が活きた押し味のあるお酒を醸しています。

盛田株式会社

盛田

〒479-0807

常滑市小鈴谷字亀井戸21-1

TEL. 0569-37-0511

FAX. 0569-37-0532

ホームページはこちら


 緑多き尾張丘陵と目の前に広がる伊勢湾に囲まれた愛知県南知多は、温暖な気候、清らかな水と豊かな土壌や食材のある地として知られております。

 盛田は江戸時代寛文5年(1665年)にこの地で清酒の醸造を始めました。清酒「ねのひ」は知多半島の豊かな食文化に根ざした酒造り、伝統の技を重んじると同時にたゆまぬ技術革新で高品質で安心な商品を皆様の食卓にお届け致します。